不動産売却の査定について

はじめての不動産売却TOP >> 基礎知識 >> 不動産売却の査定について

不動産売却の査定について

■一般的な不動産の査定方法
不動産を売却する場合、まずその不動産がどれくらいの価格であるのか査定してもらう必要があります。その査定の一般的な方法は、取引事例比較法です。この方法は、売りたい不動産の近くにある不動産の過去の取引を参考にして、不動産の査定を行います。売りたい不動産の近くにある不動産といっても、様々なものがあるので、駅からどれくらいの距離があるのか、不動産自体の広さ、不動産が家屋であれば、その建築年数など似ている不動産を選定して、それと比べて査定を行います。また、似ている不動産といっても、過去の取引と現在では価格が異なるところなので、事情補正や時点修正を行ってから査定を行います。

査定は一般的に、現地査定か簡易査定のどちらかによって行われます。現地査定とは、不動産そのものがある現地まで不動産屋が赴いて、査定を行う方法です。実際に目でみなければ分からないところまで査定できます。例えば、家屋であれば傷み具合などです。そのため、ここで出てくる査定価格は、売却可能額となります。

そして、簡易査定とは、不動産の情報だけで査定を行う方法です。その不動産の住所や簡単な不動産の情報を元に査定が行われます。メールや電話での依頼ができるので、気軽に査定依頼ができます。ただし、現地をみてからの査定ではないので、おおよその査定額しか出ません。

■査定はどこに依頼するべきか
まず、地域ならではの事情などを元に詳しく査定をしてもらいたい場合、地域密着型の不動産屋に依頼すると良いです。地域密着型の不動産屋とは、大手の不動産屋のようにチェーン店のような形で運営されている不動産屋ではなく、その地域にしかない不動産屋のことです。地域密着型の不動産屋は、その地域で長年不動産業を行ってきたところが多く、地域の事情に精通しています。そのため、より正確な査定をしてもらえます。

それから、一定の基準で査定をしてもらいたい場合、大手企業の不動産屋に依頼すると良いです。大手企業の不動産屋は、全国各地の様々な情報や、取引実績が多いことから、一定の基準で査定をしてもらえます。また、名のある大手企業であれば、多くの人が利用していることから、安心して不動産を査定してもらえます。さらに、大手企業の不動産屋であれば、HP上で簡単査定フォームを設定しているところが多いので、足を運ばなくても査定してもらえます。

そして、複数社の不動産屋に査定してもらいたい場合、一括査定サイトで依頼すると良いです。複数社の不動産屋に査定してもらうとなると、1社1社足を運んだり電話をかけたりするのは面倒です。そこで、一括査定サイトを利用すると、査定してもらいたい不動産の情報を査定フォームで入力すれば、複数の不動産屋に依頼できます。依頼できる不動産屋は、サイトによって異なるので、どの不動産屋に査定してもらえるのかチェックしてから利用しましょう。また、不動産屋によっては、地方の不動産の査定に対応していない場合もあります。

■匿名でも査定をしてもらえる?
不動産の査定をしてもらう場合、その多くは不動産の情報と売主の情報を提供してから行われることになります。しかし、「不動産の売却をそこまで真剣に考えているわけではないけれど、売却可能額が分かれば売却の検討をしたい」という方もいます。そんな方のために、不動産の査定について、匿名で行ってもらう方法があります。

それが、匿名査定ができる不動産サイトを利用することです。査定をしてもらう場合、個人情報を提供して行ってもらうのは一般的なことです。しかし、それゆえにサイトで査定をお願いしても、なかなか査定額を教えてもらえず、「来店してもらったら教える」という方法をとる不動産屋もあります。そんな事態を防ぐのには、匿名査定のできる不動産サイトを利用するのが一番です。

匿名査定ができる不動産サイトの仕組みは、不動産の情報のみを入力フォームで入力して依頼をしたら、複数の不動産屋から査定額の返事があります。そこで査定額を見比べて、良いと思った不動産屋にのみ売主の情報を開示できます。

この方法のメリットは、まだはっきりと売ると決めているわけではなくても、査定の依頼ができることです。反対にデメリットは、査定額が正確ではないことです。実際に不動産に足を運んでもらって査定をしてもらうわけではないので、現地を見ないと分からないことまでは査定できません。そのため、査定額よりも少ない金額で売却する場合もありますし、高い金額で売却する場合もあります。

■査定価格が適正かを判断するために
不動産を査定してもらったとしても、その査定価格が適正かどうか不安になるところです。また、その査定価格を信じてその不動産屋と売買契約を結んだのに、実際の売却価格は大きく異なったなんてことは避けたいところです。そんな事態を避けるためには、査定価格が適正であるかどうかを判断しなければなりません。

査定価格が適正であるかどうかを判断するポイントとして、2つのことがあります。1つ目は、相場を知ることです。自分の不動産はどれくらいで売れるのか大体の金額をあらかじめ知っておき、それと比べて大きく相違なければ、査定価格は適正であるといえます。相場の知り方は、国土交通省の土地総合システムで確認できますし、不動産のポータルサイトで、「これくらいの不動産はこれくらいで販売されている」ことが分かります。

2つ目は、なぜその査定額が出されたのかについて、しっかりと確認することです。査定をした不動産屋には、どうしてその査定額になったのか、その理由を説明する義務があります。そこで、適切なデータをもとに査定が行われているのか、古いデータをもとに行われていないか、確認ができます。疑問に思ったことは、必ず聞き、その対応の仕方で査定価格が適正であるか判断できます。「査定価格について質問をするとイチャモンをつけていると思われるかも」と考える方もいますが、こちらの質問に誠実に答えてくれるのが良い不動産屋です。質問をすることで、査定価格が適正かの判断だけでなく、相性の合う不動産屋かの判断もできます。

>> まずは「不動産売却の一括査定」で複数社の見積もりを無料でとろう!


Copyright (C) 2017 はじめての不動産売却ガイド All Rights Reserved.