不動産売却時の仲介手数料の相場について

はじめての不動産売却TOP >> 基礎知識 >> 不動産売却時の仲介手数料の相場について

不動産売却時の仲介手数料の相場について

不動産を売却するとき、必ずといっていいほどかかる費用が、仲介手数料です。一般的に、不動産を売却するときには、売主が個人で条件の合う買主を見つけるのは難しいので、不動産屋に仲介してもらいます。不動産屋に仲介してもらうと、手数料が発生します。それが、仲介手数料です。仲介手数料は不動産の売却価格が高ければ高いほど、それと比例して高くなるものなので、どれくらいの仲介手数料がかかるのか先に知っておきたいところです。仲介手数料は、法定でその上限が決められています。

仲介手数料の上限は料率によって計算されます。まず、不動産の売却価格が200万円以下であった場合、5%の料率です。したがって、150万円の不動産を売却した場合には、(150万円×5%)×1.08なので、8万1000円の仲介手数料が上限です。

次に、不動産の売却価格が200万円を超えて400万円以下であった場合、4%+2万円の料率です。したがって、300万円の不動産を売却した場合には、(300万円×4%+2万円)×1.08なので、14万1600円の仲介手数料が上限です。

そして、不動産の売却価格が400万円を超える場合、3%+6万円の料率です。ほとんどの不動産は、この料率に該当するのではないでしょうか。したがって、1500万円の不動産を売却した場合には、(1500万円×3%+6万円)×1.08なので、51万4800円の仲介手数料が上限です。

仲介手数料の上限は以上の通りですが、現在では多くの不動産屋がこれよりも少ない仲介手数料で運営しているところが多いです。なぜかというと、人件費を削減したり、不動産の営業にかかるコストをカットしたりするなどの企業努力で、仲介手数料を削減している不動産屋が多いからです。売主にとって高い仲介手数料は不動産屋を選ぶのにネックとなるので、仲介手数料を少しでも少なくすることによって、より良い不動産をたくさん集めることができます。不動産屋によっては、仲介手数料の上限よりも半額の仲介手数料を運営しているところもあり、仲介手数料の相場は、仲介手数料の上限の金額の50%から80%です。

不動産屋によっては、仲介手数料を0円としているところもあります。「0円だと逆に信頼できないのでは?」と心配になる売主もいるところですが、これは「仲介」の形をとらないことによって、不動産を売却する方法をとっているためにこの金額が実現できています。どういうことかというと、不動産屋自体が売主となって、不動産を売却することです。したがって、不動産の売主から見れば、不動産屋が買主となるのです。

>> まずは「不動産売却の一括査定」で複数社の見積もりを無料でとろう!


Copyright (C) 2017 はじめての不動産売却ガイド All Rights Reserved.